話題の脂肪吸引が可能なクリニックTOP9!クチコミ総合ランキング!

正しく知ろう!脂肪吸引

クリニックの選び方

脂肪吸引手術の種類まとめ

脂肪吸引後のアフターケア

脂肪吸引クリニック
ランキング

注目の方法「ベイザーリポ」の特徴

その1:痛みや腫れが少ない

脂肪細胞に特異な反応を起こす、振動エネルギーのVASER波により、脂肪細胞の周囲の組織にはダメージを与えずに脂肪細胞だけを遊離させる事が出来る、「第3世代超音波脂肪吸引システム」の事を「ベイザーリポ(VASER Lipo)」と言います。

組織から遊離した脂肪細胞は、刃の無いカニューレを使い優しく吸引します。そのため、従来の脂肪吸引後に起こっていた内出血や腫れ、痛み等を大幅に抑える事が出来るようになりました。

また、脂肪細胞を除去する時に、周囲の組織を傷つけることなく除去できるために、手術から日常生活に戻るダウンタイムを大幅に短縮する事が出来、手術の翌日から日常生活程度の動きやデスクワークが可能になりました。

その2:従来よりも脂肪が吸引できる

第3世代超音波脂肪吸引システムである「ベイザーリポ2.0(VASER Lipo 2.0 )」を使用して行う「ベイザーリポ脂肪吸引」では、特殊な高周波を使用して脂肪細胞の遊離を行い脂肪を吸引除去する事から、従来行われていた脂肪吸引に比べて、身体への負担が格段に軽くなりました。

また効率よく脂肪の吸引が出来るようになったために、体内の脂肪の最大90%もの大量の脂肪を吸引する事が可能となっています。

例えば、従来行われていた脂肪吸引では困難とされていた、皮膚直下の浅い部分にある脂肪層や、背中などの脂肪が硬くなり繊維質化してしまった脂肪も、柔らかくしてから周囲の組織から遊離する事が出来るようになったために、身体の脂肪を根こそぎ吸引して除去する事が可能になりました。

その3:痩せ型でも吸引可能

脂肪層は、脂肪の質や大きさが異なる「浅い層」、「中間層」、「深い層」の3つに分かれて構成されています。従来行われていた脂肪吸引方法では、「浅い層」の脂肪吸引を行うには、医師に高殿技術が求められていたために、やせ形の体型の場合は、脂肪吸引を行う事が難しいとされていました。

これは、やせ形の体型の人に無理をして脂肪吸引を行うと、皮膚にダメージが与えられてしまい、脂肪吸引後の仕上がりが美しくなくなってしまっていたからです。しかし、「浅い層」の脂肪にも、問題なくアプローチして脂肪吸引が行える「ベイザーリポ脂肪吸引」でしたら、やせ形の体型の方でも綺麗なボデイデザインを行いながら、脂肪吸引をする事が出来ます。

その4:ベイザーリポの適応出来る箇所

脂肪層は、脂肪の質や大きさが異なる「浅い層」、「中間層」、「深い層」の3つに分かれて構成されています。従来行われていた脂肪吸引方法では、「浅い層」の脂肪吸引を行うには、医師に高殿技術が求められていたために、やせ形の体型の場合は、脂肪吸引を行う事が難しいとされていました。

これは、やせ形の体型の人に無理をして脂肪吸引を行うと、皮膚にダメージが与えられてしまい、脂肪吸引後の仕上がりが美しくなくなってしまっていたからです。しかし、「浅い層」の脂肪にも、問題なくアプローチして脂肪吸引が行える「ベイザーリポ脂肪吸引」でしたら、やせ形の体型の方でも綺麗なボデイデザインを行いながら、脂肪吸引をする事が出来ます。

TOPへ戻る