話題の脂肪吸引が可能なクリニックTOP9!クチコミ総合ランキング!

正しく知ろう!脂肪吸引

クリニックの選び方

脂肪吸引手術の種類まとめ

脂肪吸引後のアフターケア

脂肪吸引クリニック
ランキング

脂肪吸引の圧迫固定について

脂肪吸引ではアフターケアがとても大事です。そのケアに行われるのが患部の圧迫固定。一体この圧迫固定は何のために行われるのか、それを知っておきましょう。圧迫固定の役割は様々な効果がありますが、第一には内出血の量を小さく抑えるために行われます。

施術直後は皮膚、血管などにダメージが残っていて、内出血が起きてしまっていることが多いのです。この時に患部をしっかりと圧迫してあげることによって傷口から漏れだすのを防ぎ、内出血のダメージを少なくします。この内出血の量を抑えておくと、患部のダメージを最小限に抑えられ、ダウンタイムが長引くのを防ぐことができます。圧迫は良くないと思っている方も多いですが、効果があるからこそ行うのです。

痛み、むくみを最小限に抑える

脂肪吸引後は、患部に麻酔薬や、リンパ液など水分が大量に集まります。そのため、一時的にですがパンパンにむくんだ状態になります。しかし、これはあくまでも体内に残っている毒素を排出しようとする働き。圧迫固定をしてあげることにより、水分の排出を促すことができ、血液循環が妨げられるのを防いだりできます。

また、脂肪吸引の直後は身体に穴があるような状態です。その状態のまま動いたりすると患部が刺激され、強烈な痛みになってしまいます。これを防ぐのにも圧迫固定が役に立っており、患部を固定することで皮膚の動きを抑えることができ、ダメージや、痛みを少なくすることができます。このように直後の刺激を抑えるのにはもってこいの方法なのです。

強すぎる圧迫固定はNG

圧迫固定をした方が良いのですが、強すぎる圧迫はこれも身体の負担に繋がってしまいます。負担をかけ続けてしまうと圧迫している部分が凹んできて、せっかく脂肪吸引をしたのに綺麗な状態にならなくなってしまいます。線で圧迫するような感じではなく、面で圧迫するようなイメージを持っていないと凹みができやすくなってしまうので、圧迫固定をするならば専門医に指導を頼むことが望ましいでしょう。

回復をしてくればそこまで強い圧迫は必要なくなり、ストッキングなどの緩い締め付けに変わってきます。最初は嫌かもしれませんが、どんなに施術が良くても圧迫固定をしなければ脂肪吸引の成功とは言えません。ダウンタイムを長引かせないためにも圧迫固定は必ず行うようにしましょう。

関連記事

TOPへ戻る