話題の脂肪吸引が可能なクリニックTOP9!クチコミ総合ランキング!

正しく知ろう!脂肪吸引

クリニックの選び方

脂肪吸引手術の種類まとめ

脂肪吸引後のアフターケア

脂肪吸引クリニック
ランキング

脂肪吸引直後の患部

脂肪吸引は手術には違いありません。そのため、脂肪吸引を受けた直後はどのような状態になっているのか、そこからまず説明いたします。一般的に脂肪吸引は皮膚に穴を開けて、吸引するための管(カニューレ)を切開部分に挿入し吸引します。そのため、皮膚や、血管、脂肪などの組織にはダメージが残っていて、様々な症状が起こっています。

手術当日には筋肉痛にも似た痛みが出てきます。程度によって異なりますが、手術後3日程度が痛みのピークとなるので、他の症状に比べて早めに治ります。また、吸引の刺激で血管が傷ついてしまうこともあります。傷ついた血管から血が漏れだし内出血なども起こってしまいます。しばらく経てば治りますが、なるべく負担の少ない施術方法を選択しましょう。

3ヶ月後くらいまでに現れる腫れ

脂肪吸引を行うと、腫れや、むくみなどが出てきます。これは早い方では当日から症状が現れ始め、長い間腫れがひかないものです。この腫れはマッサージなどを行うことによって、症状を抑えることができます。

また、むくみなどで大きく変化した患部によって神経が圧迫され、しびれが生じることがあります。アフターケアとして巻かれる包帯も圧迫が強すぎたりすると、神経が刺激されてしびれが出てきてしまうことがあります。あまりにもきつい圧迫であると逆効果になってしまうので、医師に相談してみましょう。

そして、今ではベイザーリポなど負担の少ない施術方法もあるのでそちらを選択するという手もあります。なるべくダメージの少ない施術方法を選択すると、後々の回復が早いのです。

半年くらいまでに現れる色素沈着

脂肪吸引は長く後遺症が続いてしまう施術です。吸引する量や、年齢によっても変わってきますが、皮膚のたるみが起こってしまうことがあります。この皮膚のたるみは脂肪吸引の際、吸引した脂肪の量が多すぎると起こります。悪徳業者や、実績の薄いクリニックなどに頼むとこのようなことが起こりやすいので注意しておきましょう。

そして、一番気になるのは色素沈着です。色素沈着とは施術した際の傷の赤みが薄茶色から白っぽい色へと変化するものですが、中々色が戻らないということがあります。皮膚への負担が大きいと回復するための必要な度合いも大きくなるので、回復が遅くなってしまっているのです。なるべく負担をかけず、新陳代謝を促進させるように心がけておきましょう。

関連記事

TOPへ戻る